FC2ブログ

11月≪ 2018年12月 ≫01月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031
--.--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
本業はコチラ → 「誇りある服作りへの扉」 アトリエ ル*オペラ
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2010.10/22(Fri)

ピヨ洋裁道具④ ミシン語録~4~

<10月14、15日に行われた東京ファッション産業機器展にて>

先週、東京ビッグサイトで行われたミシンショーに行ってきました
 
「誇れる技術=NIPPON・スペック~安心、安全、そして信頼へ~」
のテーマのもと、工業用ミシン、縫製関連機器、部品、アタッチメント等幅広い出展があり、併用イベントの特別企画講演や特別セミナー等も開催されていました。

 
 今回、最終回では工業用ならではの特殊な縫製を行うミシンを既製服を参考にして紹介します。

工業用ミシンとは初回にお伝えした通り、各種縫製工程を能率よく、なおかつ高速に縫製するミシンの事です。

mh4815mh4815mh4845mh484mh484_thumb.jpg
二重環縫いミシン
MF-7700U10.jpgmf7700u104_1.jpg
飾り偏平縫いミシン

二重環縫い(チェーンステッチ):一本の針糸と一本のルーパー糸で形成される縫い目です。(写真①)

針糸とルーパー糸の本数が増えると、この二重環縫いが二列、三列と並んだ縫い目になります。
同じ縫い方を発展させ、複数の針(針糸)に一本のルーパー糸を使用する縫い目を一般に「二重環下飾り縫い(片面飾り縫い)」と呼びます。
ジーンズのベルトループ(写真②)やTシャツの裾(写真③)等に使用されています。
家庭用での「カバーステッチ」がこれに当てはまります。


飾り偏平縫いミシン(フラットシーマー):二重環縫いに生地の上側でも運動するルーパー糸が加わったもので、両面類似した縫い目になっています。(両面飾り縫い)
 
主にTシャツや下着等に使用されます。(写真④)  
二重環縫い同様、伸縮性に富んだ縫製の為メリヤス生地をはじめニットの縫い合わせや補強、飾り縫いとして広く利用されます。


201010211813000.jpg 201010211811001.jpg
写真①        写真②

201010200120001.jpg 201010200117000.jpg 201010200124000.jpg

写真③        写真④     写真④(裏)


これらは工業用ミシンの種類の一部ですが、この様な機器によって普段私達が着用している服は作られています。
工業用ミシンを簡単に購入して使用する事は難しいですが、出来る限り工業用ミシンに近づけた機能を家庭用ミシン、または職業用ミシンには搭載されています。

みなさんの満足のいく手作りが出来る様なミシンを選んで購入して下さい



                                     おわり
スポンサーサイト
本業はコチラ → 「誇りある服作りへの扉」 アトリエ ル*オペラ
01:36  |  Dress tool  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示
 

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。