FC2ブログ

11月≪ 2018年12月 ≫01月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031
--.--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
本業はコチラ → 「誇りある服作りへの扉」 アトリエ ル*オペラ
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2011.01/14(Fri)

外注業務1

シャクレです。新年明けまして、皆さんいかがお過ごしですか?
私は最近7年ぶりに携帯を替えました。

さて、ル・オペラ講師のお仕事の1つとして
「外注」
があります。
御依頼を受けてパターン作成をするのですが、今回から少しづつその時調べた事や雰囲気をお伝えしていこうと思います。
(お客様からの御依頼ですので、写真などははっきりしたものをを掲載できず、文章が多いかもしれませんがお許しを!)

今回受けた御依頼は
カットソーです。
デザイン画を頂いて相談しながらパターンを引くのですが、今回は参考になるサンプルを持参して頂きました。

RIMG0736.jpg  RIMG0737.jpg
サンプルだけでなく、デザイン画や細かい指示書なども頂きました。

結構特殊なスポーウェアなどに見られる縫製方法でした。
パターンに書き込む縫製の指示などは企業によって様々ですから、確認しながらの作業となります。

今回の縫製指示の2本針表振り縫い(表側にジグザグの縫い目が見える飾り縫いの一種です)という指示について少しご説明を・・
ge042.gif

注意しないといけないのは
この縫製だと袖口や裾のパターンのラインは急激なカーブは縫うことが出来ないという事。
そのため、パターン作成の際も急激なカーブにしないように注意します。
ミシンの特性によってパターンを修正しなければならない箇所です。

パタンナーはパターンの知識だけではなく、生地、ミシン、縫製方法などいろんなことを知っておかないとパターンは作ることが出来ない良い例ですね。


完成がコチラ!
RIMG0738.jpg   RIMG0734.jpg
              縫製仕様書(服を生産するためにパターンと共に必要な情報を指図した指図書)

お見せできないのが残念です!


副資材も確認をとりながらパターン作成します。
準備する副資材が規格の幅では縫製出来ない!紐が通らない!何てこともありますので。
ただこちらも企業によって呼び方はまちまちです。

今回の副資材は
丸ゴム、紐止め、コードエンドなどがありました。
その中であまり触れられる事の無いものをちょっと紹介!

かなりの種類が出ている
紐止め(コードストッパーとも言います。) 

   紐1本通しタイプ       紐2本通しタイプ    他にもドッキング!機能付きのものもあります。
usage_main_01.jpg   usage_main_03.jpg   usage_main_02.jpg

規格は・・・
csn209_main_01.jpg
Aの寸法がコードが通る穴になりますからA寸法よりも小さい幅のコードを用意しなければいけませんね。

photo13.jpg
他にも皮のタイプのものもあります。


コードエンド(コードエンドストッパーとも言います)

紐を差し込んで中で結んで
止めるタイプで蓋付きのもの  中の爪で紐を引っ掛けるもの
 installation_main_03.jpg     installation_main_01.jpg

規格は・・・
le_cp_main_01.jpg
こちらもAの寸法よりも小さいコードを用意しないと通すことはできません。
主にアウトドア、スポーツ製品に多く付いていますね。


パタンナーになりたい!という方はパターンの知識だけではなく、こういったいろんな知識を吸収し続ける事をオススメします!(後々非常に役に立ちますから!)


今回はこのあたりで・・・
また外注のお仕事の様子をお伝えしていこうと思いますのでお楽しみに! 
スポンサーサイト
本業はコチラ → 「誇りある服作りへの扉」 アトリエ ル*オペラ
00:23  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示
 

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。