FC2ブログ

11月≪ 2018年12月 ≫01月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031
--.--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
本業はコチラ → 「誇りある服作りへの扉」 アトリエ ル*オペラ
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2011.02/04(Fri)

ピヨ 新素材知識②~オーガニックコットン~

こんにちわ
今回は、みなさんも最近よく耳にされるんじゃないかなと思うのですが…、
今すごく注目されているオーガニックコットンについてお話します。


*オーガニックコットン*
   images.jpg
有機栽培で作られた綿の事を言います。
3年間農薬や化学肥料を使わずに栽培された農地で、なおかつ農薬や化学肥料を使用せずに生産された綿花です。
(土中から農薬の影響が無くなるのに3年かかります。)

~なぜ、オーガニックコットンが注目されているのか~
「天然素材で体に優しい」イメージのある綿ですが、一般的な綿は生産過程で農薬や化学肥料などの有害化学物質を大量に使用しています。
(※1)環境問題、(※2)発展途上国の人権等を考えると決して良くない栽培方法です。

(※1)環境問題
・世界の綿花の栽培耕地が3%弱に対し、農業で使用されている有害科学物資の総量の約25%が製造過程で使用されています。
・綿を生産するにあたり、大量の地下水を消費します。
(※2)発展途上国の人権
  <発展途上国での農業は、とても農民の生活が犠牲になっています。>
・遺伝子組み換えの種や農薬の利用は、栽培を始める前に農民たちが借金をまかなわなければいけなくて、その借金苦での自殺者も多いです。
・農薬を使う事により、生産者の健康を損ねます。
・子供たちも農業に駆り出されて、学校に通う事が出来ずにいる現状です。

wata0-1.jpg         kottonn
農薬を使用したコットン畑      コットン畑で働く少女        

世界規模で地球の環境が問題視されている中で、オーガニックコットンはその問題を軽減する優れた生産方法で作られています。
また、オーガニックコットンの生産方法は発展途上国の人権問題も解決出来る方向にあります。
P1010681.jpgq.jpg  
綿花                    綿花がはじけてコットンボールになる


 ~綿栽培にあたり使用される農薬、化学薬品~
*種の保管=防虫剤、防腐剤
*土壌保管=化学肥料
*種まき時=殺菌剤
*成長過程=除草剤、殺虫剤
*収穫時=枯葉剤
     この様に様々な有害物質が使用されています。


オーガニックコットンと聞くと、普通の綿と何が違うのかを考えてしまいがちですが、最終的に綿花となったものに変わりはありません。
生産過程で大量に農薬や化学肥料が使われていても、収穫された綿花の残留農薬は極めて微量で、オーガニックコットンとも判別がつかないからです。
ですが、この「違い」を区別する為に認証機関というのがあります。
畑のチェックや農地管理、栽培方法を調べたりして、毎年収穫ごとに認証を与える機関です。
この様にして、オーガニックコットンといわれる綿が誕生します。


手作業が多くなり、収穫に時間もかかってしまう事でコストは高くなりますが、仕上がりだけが良いのでは無く、それまでの製造全行程も含めて優れた繊維といえるのではないでしょうか
生産者、そして私たち消費者にも優しく、環境にも負荷をかけないので安心して手に取る事が出来ますね

RIMG0333.jpg  RIMG0335.jpg
オーガニックコットンのタオル



スポンサーサイト
本業はコチラ → 「誇りある服作りへの扉」 アトリエ ル*オペラ
10:50  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示
 

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。