FC2ブログ

11月≪ 2018年12月 ≫01月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031
--.--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
本業はコチラ → 「誇りある服作りへの扉」 アトリエ ル*オペラ
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2011.02/12(Sat)

オシャクレさんのガンジーセーター講座

まだまだ寒い日が続きますね。

今回は前回のセーターの続きからで、ガンジーセーターについてお伝えして行きたいと思います。
fh.jpg thm0_20051031-01.jpg

フィッシャーマンズセーター(漁師たちの防寒服)の原型とされています。
前回お伝えしたアランセーターもフィッシャーマンズセーターです。

ガンジーセーターという名称は、イギリスとフランスの間に位置するガンジー島に住む漁師たちの防寒服であったことに由来しています。16世紀には存在していたとされ、イギリスにおいて最も歴史のあるニットといわれています。

ガンジーセーターの特徴は、激しい海でのどんな場面においても絶対的な保温力を考えて作られました。

ウールの1本1本にあるスケイル(うろこ状のギザギザ)が絡み合って、間の空気を保つ事によって高い保温効果が得られます。さらにこのウールにはセーター自体の30%に水分を含んでも、湿気を感じさせない性質があります。その保温性が強い風や波しぶきから身を守る労働者には欠かせない条件だったと言われており、自分で洗濯ができるという特性もあります。


ガンジー島はコチラ
trico_img2_20110212144121.jpg sheepcraig.jpg fis7-2.jpg
           厳しい環境によって柔らかく、保温性のあるウールが育てられる


ルトリコ
前回のアランセーターと比べて網目模様がないプレーンなデザインのローゲージのセーターです。
ゲージとはタテ、ヨコ10cmの中に編目の数の多いか少ないかで判断します。ローゲージとは太い糸でざっくり編んだものでゲージ内の編目が少ないニットの事を指します。ハイゲージは細い糸で編目の細かい薄手のニットの事を指します)


大きな特徴は前後に区別がないこと
これは正面と背中側の両面を着られるよう最も負担の掛かる肘の部分が、すぐに擦り切れてしまわないよう配慮したことによるものだとか(諸説あります)


プルオーバータイプで首元はネックが高めボートネックライン。
8793img2.jpg
首のラインに沿ったような形で風を通さない仕様。
(着用時に下に何か着ておかないと首がちくちくします。)


8793img9_20110212145534.jpg  Ksho_2_01.jpg
ボディ部分をメリヤス編み(右画像)でガチガチに編みこむことにより、風や雨、または波の飛沫から守る役目があります。


袖の合わせ目も特徴的。
detail.jpg
袖のリブはロープや船のはしごを、
肩の接合ラインはロープ、
袖ぐりのガーター編みは浜辺の波を表現しています。

それぞれに意味が込められた編み目。袖ぐりが狭いのも特徴のひとつです。
元々は海での仕事着のため、作業しやすいよう肩が落ちたデザインです。

動くときに邪魔にならないよう袖下に付けられたマチは、腕を下ろしている際にはマチが折り畳まれることで、ジャケットの下にも着ることが出来るなど、機能性にも優れた作りになっています。

hem.jpg
裾は動き易いようにスリットを入れています。

fp0620wht_01.jpg
最近ではこの伝統的なセーターもタイトに作られていて、機能性重視のマチや編み方はデザインとして捉えられ、生地も柔らかい生地に変えて作られている事が多くなっています。(本来の生地は硬く、脂分を多く含み、ごわごわしているからこそ風や雨を防ぐことが出来たのに、かなり機能性は失われていると思いますが・・・)

なんでもそうですが、起源を遡ると色々なことが見えてきます。
現在ではデザインのみに目が行ってしまいがちで、オリジナルの中で残るべきデザインが失われつつあるように思います。
皆さんもモノの起源を調べて、「今、どうしてその形に落ち着いたのか?」を調べてみて下さい。

ではまた!








スポンサーサイト
本業はコチラ → 「誇りある服作りへの扉」 アトリエ ル*オペラ
14:42  |  Maniac  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示
 

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。