FC2ブログ

11月≪ 2018年12月 ≫01月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031
--.--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
本業はコチラ → 「誇りある服作りへの扉」 アトリエ ル*オペラ
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2011.03/04(Fri)

ピヨ がら語録①~ペイズリー~

いつの時代も変わらず人気のペイズリー!
今年のトレンドファッションにも多く見られますね
私も好きでペイズリー柄のショールをいくつか持っています
RIMG0490.jpg


でわでわ今回はその「ペイズリー」についてお話しましょう

ペイズリー
松かさやパーム(やしの葉)、糸杉を表した模様の事で、日本では勾玉に似ている事から勾玉模様とも言われています。
起源は、インドのカシミール地方のカシミヤショールに使われていた伝統模様で、18世紀初頭、スコットランドのペイズリー市に移入し、そこから広まったので「ペイズリー」と名が付きました。
曲線で描かれた細密で多彩な柄です。

relayCA1ETX3X.jpg   s.jpg   imagesCAPODLY6.jpg
     

「ペイズリー」と名が付く以前、この様な柄は宗教的に偶像崇拝(動物や人物の描写)を禁止したイスラム教で多く用いられていました。
逆に、インドの偶像崇拝を重視し、多くの神々や動物を描いた美術の中にも描かれている事から、ペイズリーは動物と植物の間である、
「ゾウリムシ」とも云われています。

imagesCABADVIL.jpg        lrg_18471125.jpg  shinaji.jpg
偶像崇拝禁止のイスラム教の礼拝堂    インド寺院、宗教画


では次に‥、
ペイズリー(スコットランド)とはどんな地域なのでしょうか!?
歴史をたどって行きましょう。

o0303040410877859983.jpg   17126862.jpg
ペイズリー修道院   

ペイズリーは繊維業で一時期有名でした。
織物は家内の織り機で織られていましたが、フランスで発明されたジャガード織機が19世紀前半に持ち込まれ、生産過程の工業化により、多くの織り手が職を失い他国に移住していきました。

しかし、湿気のある温暖な気候である為ペイズリーは何年もの間、綿の紡ぎ糸を編む産業の中心地でした。
最盛期だった20世紀半ば、製糸産業では一つの建物の中で28000人もの労働者が働いていたようです。
当時は世界最大の規模でした。
中でも、ペイズリー模様は19世紀後半から1世紀近く流行の品でした。
数年後には化繊を用いて多種多様な製品も生産できる様になりましたが、人件費の安いインドやブラジルなどから入ってくる輸入品に押されて生産は急速に減少してしまいました。

そして20世紀後半にはペイズリーで製糸産業は行われなくなっていました。
しかし今でも町の名前には繊維に関わったものが含まれており、かつて繊維業が栄えていた事がうかがえます。


世界中で愛されている「ペイズリー」ですが、複雑な模様を織り出すのはとても高度な技術を必要とします。
現在では織り柄としてよりも、プリントが多く流出しています。

imagesCAWM5DQI.jpg   imagesCA4LHZI4.jpg   img56179894.jpg


みなさんもこの春はぜひ!ペイズリー柄を取り入れたファッションを楽しんでみて下さいね




スポンサーサイト
本業はコチラ → 「誇りある服作りへの扉」 アトリエ ル*オペラ
18:51  |  Detail  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示
 

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。