FC2ブログ

11月≪ 2018年12月 ≫01月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031
--.--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
本業はコチラ → 「誇りある服作りへの扉」 アトリエ ル*オペラ
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2008.12/16(Tue)

テキトークラフトマン 定番服 素材編 「タータンチェック」①

2008年もあとわずかになってきました。 休日になれば、お歳暮を求めて、百貨店に足を運んでいる方もたくさんいらっしゃるんではないでしょうか??

そんな私も例外ではなく、人がごった返す中… お店を物色していくのですが、正直、ネットで冷静に探す方が懸命なのでは… と思いつつも銀座辺りを徘徊していたところ、ひとつギモンに思ったことがあるんです。

そう、百貨店には独特の紙袋(※おしゃれに言うとショッピングバック)がありますよね~ そう自分の曖昧な記憶によると、かなり前から変わってないな~っと。

ちょっと調べてみたりすると、ちゃんと紙袋…いやいやショッピングバッグにも歴史があるみたいなんですよ。

その中でもひと際、時代を感じさせるのが、「伊勢丹」のあのチェッカー的な袋ですよ。今時、チェックの紙袋を使っているのは、手芸屋と伊勢丹ぐらいです。

そんなことから、「タータンチェック」について調べてみることにしました… まず最初に思いついたのは、80年代を一世を風靡したあの伝説のアイドルグループ「チェッカーズ」…「涙のりぃくえ~~~す…
最期の~~~~」ってブログはこれからですよ~~
477979.jpg

いや~調べてみると、これがギザギザっていうより、ジグザグなハートの子守唄だったんですよ~

前置きが長かったですが、本題は「タータンチェック」でいきます。

「伊勢丹」              「三越」
ブログタータンチェック 伊勢丹チェック     ブログタータンチェック 三越チェック
こいつがウワサの伊勢丹のショッピングバッグです。 なんと、昭和31年から変化なしと無敵の歴史を誇るこのバッグ、ティーンズという言葉がまだまだ、メジャーではなかった頃に、えら~い企画部の人が子供服と婦人服で、自分のサイズとデザインに合うもの探す姿をみて、ひらめたそうです。

「子供と婦人服の中間層を作ったら売れるんでは??」 その時に、より買い物を楽しめるように、目立つ色合いの紙袋ということから、「タータンチェック」にしたそうです。 

俗にいう「伊勢丹タータン」、正式にスコッティッシュタータン協会が示す名称は「アンシェント・マクミラン」というらしいです… 

因みにスコッティッシュタータン協会とは、イギリスが取り仕切るタータンチェック柄を決める協会だそうです。
なんと、個人でもオリジナルタータンつくることができるらしいです。                    
興味がある人は下のサイトまで↓
※ただし、全部英語ですよ。

 スコティッシュタータンズ協会 http://www.tartans.scotland.net/

個人でオリジナルタータンを作っている人の中には、タレントのRIKACOさんが
「RIKACOタータン」というオリジナルの柄を作っています。

551901l1.jpg

本気でタータン柄から開発して、ショッピングバッグを作っているのが、呉服店からの転身して早100年以上となんとも…あっぱれな三越百貨店は、100年を記念に「三越センテニアル」という名称のタータンを作ったのです… さすが、おしゃれ百貨店です。

三越百貨店は、英国百貨店「ハロッズ」をめざして、英国展を頻繁に行っていたことから、オリジナルタータンでショッピングバッグを作ったみたいです。 さすがの一言です。

う~~ん さすが、老舗、ちゃんと意味があるんですね。

でも、チェックは他にも「チェッカーズ」以外にも…

ファッションでいれば、「バーバリー」や昔、かぶれていたパンクファッションの「ヴィヴィアン・ウエストウッド」もやはり…チェック、チェック、チェック…

「バーバリーチェック」  「ヴィヴィアン・ウエストウッド」本人                         b_checkmodel5.jpg         photo_temp_vivienne_1.jpg

それぞれ、チェックを象徴としているには理由がやはりあるようです。

例えば、バーバリーの「バーバリーチェック」はもともとはコートなどの裏地に使われていたそうでが、1967年のパリコレクションで傘に「バーバリーチェック」を使ったことで有名になり、今ではご存じ通り…  いたるものに使われています。 因みに家の実家のこたつは「バーバリーチェック」っぽいやつです。  どうでもいい情報ですね…

他にもパンクの女王と言われている、変態っぽいおばさん…
ヴィヴィアン・ウエストウッド」です。
おばさん、いやヴィヴィアンが一躍、世界に脚光を浴びるようになったのは、1970年ごろにパートナーのマルコムとブティックを開いたの始まりです。

もともと、自分のファッションスタイルを表現したかったヴィヴィアンはブティックに出入りしている若者を捕まえて、ロックバンドを結成させ、自分ファッション、う~ん… 自分のスタイルを表現していったのです。

それが、有名なパンクバンド「セックスピストルズ」の誕生です。 その中でも、Mrパンクロックと呼ばれたベーシストのシド・ヴィシャス Sid Vicious(本名 John Simon Ritchie)のファッションは英国中に広めたようです。

284x400-2005032600032.jpg

そうです、パンクという言葉を作った漢(オトコ)なのです。

彼のファッションは、髪の毛ツンツン、ハートはトゲトゲ、引き裂いたTシャツやジーンズ、鋲で固めたダブルライダースJK、タータンチェックボンテージパンツ、顔中に安全なはずなのに… 危険な安全ピンのピアス、足元はコンバースのオールスターやジョージコックスなど…

若い世代の人には、去年に流行った少女コミックス「NANA」の登場人物のレンといったらいいでしょうか…
img_comic17.jpg

まさに、アレックス・コックス監督作「シド&ナンシー」のシドにそっくりなのです。
D111728570.jpg


彼らの活躍でヴィヴィアンはパンクの女王と言われているのようです。

いや~チェックは奥が深いです。 深すぎます…

ではタータンチェックはいつからあるんだろう…

次回までにこのことについてもっと調べておきたいと思います。

今日はこれにて。 次回も涙のリクエストをお待ちしています。(笑)



スポンサーサイト
本業はコチラ → 「誇りある服作りへの扉」 アトリエ ル*オペラ
20:55  |  Fashion  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示
 

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。