FC2ブログ

11月≪ 2018年12月 ≫01月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031
--.--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
本業はコチラ → 「誇りある服作りへの扉」 アトリエ ル*オペラ
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2009.05/19(Tue)

テキトークラフトマン 特別講習会レポート 『マテリアル(生地)の基礎知識』

img_nuyhe.jpg


LE*OPERAでは、毎月第3日曜日に通常授業内容と視点を変えた講習会を行っています。
※こちらは在校生に限り、受講することができます。

本来は、実用的なパターンや縫製技術を学ぶことができる授業を行っていますが、最近のアパレル業界では、一つの技術や知識だけでは仕事していくことが困難になっております。

ですので、一つの職種でも複数の技術と知識が必要なのです。

なぜ、生地の知識が必要かといいますと、

「パタンナー」の場合は、型紙を作る際に、同じデザインでも、生地の種類で作り方を変更しなければいけません。

例えば、固い生地でフレアーがたくさん入ったワンピースは作ることは困難になるので、生地の変更を考慮するか、パターンの変更を余儀なくされます。

「デザイナー」の場合は、生地の特性と流行を把握してデザインをしなくていけません。

流行のデザインを用いても生地と連動していなけば、消費者の心を掴むことはできません。など

製品の出来具合は、生地選びで決まることも多くあるのです。

そこで、今回はアパレル業界では、必須の『マテリアル(生地)』の講習を行うことに致しました。

授業は1回2時間の3部構成が2クラスの講習です。オリジナル教本とマテリアル帳付きになります。

CIMG3842.jpg

5月17日(日)   第1回目 「アパレル生地とは?」・「繊維」 
                                               の内容で行いました。

CIMG3840.jpg  CIMG3836.jpg

内容は、マテリアルの知識の必要性と流行変化と、繊維の種類と特徴です。

簡単にいいますと、アパレル素材とは生地のことをいいますが、生地は最初から原料ではありません

繊維  生地

上記のように生地はできているので、「繊維」・「糸」・「生地」それぞれの知識が必要なのです。

今回は多くの生徒が参加して頂き、みなさまの職業や趣味の向上に役立てて頂きたいと思っています。

次回も授業のレポートをしたいと思っております。





スポンサーサイト
本業はコチラ → 「誇りある服作りへの扉」 アトリエ ル*オペラ
12:27  |  School Days  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示
 

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。